多めに用意

2次会の景品で失敗しないためにも景品を少し多めに用意することが
大切ですが、理由はゲストに楽しみやすくさせるためです。

個性

参加費を支払い景品も用意されている以上、
何かしらの収穫に期待ができた方が
ゲストも嬉しいと感じるものです。

しかしながら数が少ないと手ぶらで帰る人も
多くなってしまいますが、多めに準備して
チャンスを増やすようにすれば、イベントも
盛り上がりやすくなります。

場合によっては参加賞を考えてみるのもおすすめです。
時間の合間を縫って2次会に参加してくれたわけでもありますので、
最低限のお礼として何かしらの景品があると格差による
不満も生まれにくくなります。

ただ、参加賞を準備することでメインの景品のランクが
下がってしまうと、それもまたイベントを盛り下げてしまう
可能性も否めません。

ですからどのような2次会にしたいのかを考慮して考えなければいけません。

突然2次会への参加者が増えた時に対応するため
という意味でも、多めに考えておくことは大切です。

嬉しさを考える

ゲストの都合によって参加者が減ることもあれば
反対に増えることもありますが、そういった事態に
備えるためにも余裕があると安心と言えます。

急な人数の変化の場合は景品が足りないのも仕方ない面も
あるものの、それでも何かしらの準備がされていると
ゲストの多くを喜ばせることができるはずです。

なお、予算との兼ね合いもありますので景品の準備には
苦労するところですが、余裕がない場合は食事面を
削るなどして対応することもできます。

特に時間帯が遅くなる場合は重たい食事が用意されるよりも、
景品に力を入れた方が盛り上がることも多いです。